マウスピースで歯を守る!

歯を守る装置である「マウスピース(マウスガード)」のご紹介です。

じぶんの歯をまもるために、ぜひお一ついかがですか? 

  

マウスピースの役割

 

1.さまざまな衝撃から歯を守る

昔も今も変わらないと思うのですが、サッカー・ラグビー・バスケット・格闘技…種々のコンタクトスポーツで接触によりあごの骨や歯が折れる案件は少なくありません。

いっぽう、外傷でなくとも歯が折れるケースがあります。多いのは無意識のうちにくいしばったり歯ぎしりしたり…で歯に必要以上の負担がかかって折れるというケース。我々は食事時にものをかむ際に歯をしっかり使ってますが、歯ぎしりやくいしばりの場合は、食事時以上の力がかかるようです。

こうした衝撃から歯を守ってくれるのがマウスピースなのです。

 

2.歯やまわりの組織を保護する

マウスピースがはいることで、上下の歯が直接こすれることがなくなります。これにより「かみ合わせの高さ」がキープされます。加えて、このことによりお口を開け閉めする筋肉(咀嚼筋)の縮みを防ぎ、結果として顎関節周辺の組織を保護することにつながり、さらにいえば全身の姿勢に関わる筋肉の収縮を防ぐことができるので、姿勢の悪化を防ぐことにもつながります!

 

3.睡眠時無呼吸症候群の改善

マウスピースの一種ですが、スリープスプリントというものがあり、これにより睡眠時無呼吸症候群が改善されることがあります。いびきの改善にも効果があります。

 

 

 

とくに大人の歯は生え変わりが二度とないので大切に使いたいもの。みなさま、ご自身の歯を守るためにもぜひマウスピースをお持ちください!

 

 

 

ソフトタイプ(厚さ3.0mm)は当院で作成可能です。お急ぎの方はご連絡ください。お待ちしております!
ソフトタイプ(厚さ3.0mm)は当院で作成可能です。お急ぎの方はご連絡ください。お待ちしております!
上の装置によりできあがったマウスピースのソフトタイプ
上の装置によりできあがったマウスピースのソフトタイプ
上下一体型のスリープスプリント
上下一体型のスリープスプリント

睡眠時無呼吸症候群の患者さん、左が装着前、右が装着時。家族に迷惑がかかるぐらいにいびきをされてましたが、装置をつけることでいびきがスパっと止まり、よく眠れるようになったそうです!